1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. アップル進出に林市長「呼び水に」

アップル進出に林市長「呼び水に」

経済 | 神奈川新聞 | 2014年12月11日(木) 03:00

「今回の事例が呼び水となって研究開発拠点が集まればいい。みなとみらい21(MM21)地区のイメージアップになる」。横浜市の林文子市長は10日の定例会見で、米IT大手のアップルが新たな研究開発拠点を横浜に設けると発表したことを受け、今後の産業集積への期待を語った。

市によると、同社から初夏に打診があり、11月に進出が決まった。市長は「横浜は環境未来都市として、海外でも知名度が上がっている。グローバルMICE戦略都市、国家戦略特区などの選定も受けており、市の取り組みが実った結果、選ばれたと思う」と喜んだ。今後、同社が特区や市企業立地促進条例を活用するかどうかは未定というが、市長は「できる限りの協力をしたい」と述べた。

アップル社製品については「夫が使ってます。私は昔使ってました。これから使います」と話した。

【神奈川新聞】

アップルに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング