1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 市民モニター募集 横須賀で500世帯 NTT東日本 家庭向け電力管理

市民モニター募集 横須賀で500世帯 NTT東日本 家庭向け電力管理

経済 | 神奈川新聞 | 2014年11月19日(水) 03:00

NTT東日本は18日、家庭向けエネルギー管理システム(HEMS)の普及などを進める経済産業省の「大規模HEMS情報基盤整備事業」の実証事業の一環で、横須賀市の約500世帯をモニターとして募集を始めた。

同社やパナソニック、通信3社を中心に計20社がコンソーシアムを組み、経産省が採択。家庭内の省エネにつなげるほか、2016年4月の電力小売り自由化を見据え、各家庭の大量の情報を「ビッグデータ」として活用するなど、新サービスの創出を狙う。

市民モニターには、タブレット型の情報端末や周辺機器を無料で貸し出す。利用者は1日の消費電力状況が分かるグラフなどを端末で確認でき、事業者は電力利用に関連するデータをクラウドで一元的に管理する。高齢者の見守りなど、社会支援サービスにもつなげていく予定だ。

横須賀市は、ホームページへの掲載やパンフレットを配架するなどし、募集を支援していく。

募集は来年1月末まで。モニターの実施は15年4月~16年3月。応募、問い合わせはNTT東日本サービス担当電話(0120)938734。

【神奈川新聞】

タブレットに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング