1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. コロワイドが「かっぱ寿司」買収を検討

コロワイドが「かっぱ寿司」買収を検討

経済 | 神奈川新聞 | 2014年10月3日(金) 03:00

外食大手のコロワイド(横浜市西区)が、回転ずし店「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトホールディングス(さいたま市)の買収を検討していることが2日、分かった。コロワイドは「正式決定していない」としているが、今回の買収により、かっぱ寿司を主力ブランドの一つと位置付けるとともに、企業の成長につなげたい考えのようだ。

同社は、居酒屋や焼き肉店、ステーキ店など幅広く展開。店舗数は2080(2014年3月末の直営、フランチャイズ合計)に上る。近年は若者のアルコール離れなどを背景に、居酒屋業態が苦戦。「売上高に占めるレストラン業態の割合を引き上げる」との中期戦略を掲げている。

以前からM&A(企業の合併・買収)にも積極的で、12年にはレックス・ホールディングス(現レインズインターナショナル)を約140億円で買収。焼き肉チェーンの「牛角」、しゃぶしゃぶの「温野菜」などを傘下に収めた。14年3月期の連結売上高は、1484億4300万円。

一方、カッパHDの14年2月期の連結売上高は933億6600万円。当期純損益は71億400万円の赤字だった。国内に「かっぱ寿司」を約340店舗展開する。業界内の競争が激化し、既存店が苦戦を続ける中、元気寿司(宇都宮市)と業務提携契約を締結、経営統合に向けた協議を進めてきた。

カッパHDはコロワイドによる買収に関し、「他社との資本業務提携を含めたさまざまな可能性について検討しているが、現時点で決定した事実はない」とコメントしている。

【神奈川新聞】

寿司に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング