1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. ランドマークタワー 無料WiFiを開始 英中韓日に対応

ランドマークタワー 無料WiFiを開始 英中韓日に対応

経済 | 神奈川新聞 | 2014年7月2日(水) 03:00

三菱地所とエヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォームは1日、横浜・みなとみらい21(MM21)地区の横浜ランドマークタワーで、公衆無線LANサービス「WiFi(ワイファイ)」の無料提供を始めた。2020年の東京五輪に向け、訪日外国人客の増加が見込まれる中、インターネット環境を整備し、来街者の利便性を高める。

サービスの名称は「JAPAN-FREE-WIFI」。英語、中国語、韓国語、日本語の4カ国語に対応している。パソコンやスマートフォンから接続し、認証のページで名前とメールアドレスを入力すれば、利用できる。

両社は12年10月、「IMF世界銀行年次総会」が都内で開催されたのを機に大手町、丸の内、有楽町エリアの三菱地所関連施設などで提供を開始した。

同社関連の横浜エリアでの提供は、今回が初めて。ランドマークプラザ館内各所とドックヤードガーデンが対象となる。同社は「『MARK IS(マークイズ)みなとみらい』をはじめ、今後、MM21地区にある他の関連施設にも拡大し、来街者の回遊を図りたい」としている。

【神奈川新聞】

東京五輪に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング