1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. パイオニア AV機器事業売却へ オンキヨーと香港企業に

パイオニア AV機器事業売却へ オンキヨーと香港企業に

経済 | 神奈川新聞 | 2014年6月25日(水) 03:00

パイオニア(川崎市幸区)は24日、オーディオコンポやブルーレイプレーヤーなどのAV機器事業について、オンキヨー(大阪市中央区)と香港の投資ファンドに売却すると発表した。パイオニア、オンキヨーの各ブランドは維持しながら、両社の経営資源を活用し、同事業でのコスト競争力を向上させる狙いがあるという。

3社は資本・業務提携に関する基本合意書を締結。パイオニアとオンキヨーは製品設計や資材調達などで業務提携する。AV事業を担うパイオニア子会社の株式の51%を投資ファンドが買収し、オンキヨーも一部を取得する。具体的な売却額やオンキヨーの出資比率については今後協議して決定する。

パイオニアはAV機器の名門として知られたが、近年ではパソコンで音楽や映像を楽しむ人が増えるなど、需要の落ち込みで苦戦を強いられていた。同社はカーナビなどのカーエレクトロニクスに経営資源を集中させ、収益改善につなげたい考えだ。

AV機器事業をめぐっては、他社との連携や売却を含めた再建策を検討してきた経緯があり、5月には船井電機が交渉先として挙がっていた。

【神奈川新聞】

パイオニアに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング