1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. アゼリアが大規模改修へ 川崎駅東口苦戦で巻き返し 食品スーパー導入

アゼリアが大規模改修へ 川崎駅東口苦戦で巻き返し 食品スーパー導入

経済 | 神奈川新聞 | 2014年6月24日(火) 03:00

リニューアル後のイメージ(川崎アゼリア提供)
リニューアル後のイメージ(川崎アゼリア提供)

JR川崎駅東口の地下商店街「川崎アゼリア」(川崎市川崎区)が来年、1986年の開業以来初となる大規模リニューアルを行う。30~40代の女性やビジネスマンらをターゲットに、新たに食品スーパーなどを導入する計画。2006年に「ラゾーナ川崎プラザ」が同駅西口に開業するなど東口は苦戦を強いられており、改装を機に巻き返しを図りたい考えだ。ただ、テナントの一部はリニューアルに伴う退去を求められているといい、計画の白紙撤回を求める声も上がっている。

アゼリアは1986年10月1日、駅前玄関口のイメージアップと商業活性化を目的に誕生した。店舗面積は1万平方メートルを超え、現在は飲食やファッション衣料、雑貨店など約150店舗が営業している。

今回のリニューアル計画を打ち出した最大要因は、アゼリアを取り巻く環境の変化だ。

開業から28年。売り上げは91年度の240億円をピークに減り続け、2012年度には140億円にまで落ち込んだ。運営する川崎アゼリアは「開業から四半世紀が過ぎたが、レベルアップする川崎商業の中で、『変わらぬアゼリア』は取り残されている」と分析する。

リニューアル後のターゲットは、駅周辺を利用する30~40代の女性やビジネスマンらに設定。「広場&食物販」「飲食」「ファッション&利便」の3ゾーン別に、15年7月から16年春にかけ順次開業する。食品スーパーのほか、総菜や生鮮専門店などを導入する予定で、同社は「駅東口の玄関口に位置する立地的優位性を生かし、日々買い物を楽しんでもらえる施設を目指したい」としている。

同社は市や県、京急電鉄などが出資する第三セクター。

【神奈川新聞】

川崎駅に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング