1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 「追っかけ」がピーク 横浜市中央卸売市場で

「追っかけ」がピーク 横浜市中央卸売市場で

経済 | 神奈川新聞 | 2014年6月23日(月) 03:00

追っかけ=横浜市中央卸売市場本場
追っかけ=横浜市中央卸売市場本場

早朝に漁港で水揚げされた魚の競り「追っかけ」が、横浜市神奈川区の市中央卸売市場本場でピークを迎えている。

同市場の魚の競りは通常、午前4時半からだが、それ以降の当日捕れた魚の競りのことを追っかけと呼ぶ。日の出が早い夏至近くが最も漁獲量が多い。

21日も午前5時すぎ、小田原、平塚、鎌倉など県内の漁港から鮮魚を積んだトラックが次々に到着。発泡スチロール容器に入ったサバ、アジ、アオリイカなどが並べられ、競り人が声を上げると、仲卸業者が指を突き出し、数分のうちに売りさばかれた。

【神奈川新聞】

横浜市中央卸売市場に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング