1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 店舗・施設混雑をAIで予測 川崎の企業、3密回避へ開発

新型コロナ
店舗・施設混雑をAIで予測 川崎の企業、3密回避へ開発

経済 | 神奈川新聞 | 2020年8月20日(木) 17:00

 川崎市内のITベンチャー企業が、施設の混雑具合を予想するシステムを開発した。人工知能(AI)や同社独自の指標を使い、来店客数を1時間ごとに45日先まで予測してカレンダーに表示。施設側が客に周知することで、3密(密閉、密集、密接)回避につなげてもらいたい考えだ。


ROXが提供する「混雑予想カレンダー」の一例(同社提供)
ROXが提供する「混雑予想カレンダー」の一例(同社提供)

 開発したのは、同市中原区のITベンチャー企業「ROX」。2018年に開発した客数予測システム「AI-Hawk」に新たな機能を追加した。

 施設側が1日当たりの来客数や販売数といった実績や、混雑と判断する客数の基準などをシステムに入力。AIが天候や同社の独自の指標を加味して1時間ごとの来店客数を予測し、5色(赤、オレンジ、黄色、緑色、青色)の人型のマークで混雑具合の予想を表示する。施設側はカレンダーを印刷したり、ホームページに表示したりして、消費者に買い物時間の目安を知らせることができる。

 同社はスーパーマーケットや薬局、病院などへの導入を想定。既に神戸市内のスーパーで運用しているという。同社の中川達生社長(40)は「混雑を回避して新型コロナウイルス感染防止に役立ててほしい」と話している。

 システムはパソコンやスマートフォンで利用可能。料金は予測内容によって、9800円(税別)から4万9800円(同)まで。問い合わせは、同社の電子メール([email protected])。

こちらもおすすめ

新型肺炎に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング