1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 不審物をAIで検知 京急、羽田空港駅で実験

不審物をAIで検知 京急、羽田空港駅で実験

経済 | 神奈川新聞 | 2020年8月8日(土) 09:00

京急グループ本社
京急グループ本社

 京浜急行電鉄(横浜市西区)は8日、京急空港線の駅構内で、放置された不審物を人工知能(AI)で検知する実証実験を始める。AIと連動した防犯カメラで置き去りにされた時間や形状を読み取り、自動的に駅係員へ知らせて長時間の放置を防ぐ。

 実験は羽田空港第1・第2ターミナル駅で実施する。複数箇所に設置した防犯カメラの映像からAIが置きっ放しにされた物を検出し、駅事務室のパソコン画面に警告を表示する仕組み。駅係員や警備員が対応し、不審物と判断すれば警察へ通報する。

 京急の担当者は「駅員らによる巡回とともに警備の『目』を増やし、安全対策を強化したい」と話している。

こちらもおすすめ

京急電鉄に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング