1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 県内百貨店の初売り好調スタート、高島屋では2万人行列/神奈川

県内百貨店の初売り好調スタート、高島屋では2万人行列/神奈川

経済 | 神奈川新聞 | 2014年1月3日(金) 00:45

県内の百貨店などで2日、初売りが行われた。お目当ての福袋やセール商品を手に入れようと朝早くから行列ができ、にぎわいを見せた。

横浜高島屋(横浜市西区)では午前9時の開店時に約2万人の行列ができた。一番乗りは夫同士が兄弟という鎌倉市の松木佳世さん(44)、松木優里子さん(41)。子ども服の福袋を購入するため午前4時すぎに到着した。2人は「福袋の予算は3万円前後。義母へのお土産なども買う予定です」などと話していた。

全館で約5万5千個の福袋を用意した同店。初日の来店客数は前年並みながら、売り上げは5%程度増と好調なスタートを切った。紋付きはかま姿で客を出迎えた山下恭史店長(50)は「ありがたい限り。消費増税後の落ち込みは避けられないだろうが、百貨店の存在意義に立ち返る良い機会。高付加価値の商品・サービスを提供し、愛され続ける店を目指す」と語った。

一方、そごう横浜店(同)は昨年に続き元日営業を実施。初日は前年比10%増の約15万人が来店、売り上げも10%増だったという。

【】

高島屋(横浜、港南台、ほか)に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング