1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. トップに聞く 新形態オフィス提供

関内駅前港町地区市街地再開発準備組合 田原仁理事長
トップに聞く 新形態オフィス提供

経済 | 神奈川新聞 | 2020年8月5日(水) 05:00

 横浜市中区の旧横浜市庁舎と隣り合う「関内駅前港町地区」に2029年度、オフィスを核とした超高層ビルが新設される。地権者でつくる再開発の準備組合が7月、計画を発表した。旧市庁舎街区で先行開業する超高層ビルと並び立つ新たな「ランドマーク」について、関内駅前港町地区市街地再開発準備組合の田原仁理事長に聞いた。


関内駅前港町地区市街地再開発準備組合 田原仁理事長
関内駅前港町地区市街地再開発準備組合 田原仁理事長

 ─港町地区の再開発構想が浮上した経緯は。

 「隣接する旧市庁舎の移転方針が示され、09年に港町地区の将来像を探る研究会を発足させた。当初は既存ビルの大規模改修や建て替えも検討したが、都内の再開発エリアを訪ね回り、数十回を超す勉強会を重ねた結果、地権者の間で方向性が固まった」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

こちらもおすすめ

トップに聞くに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング