1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. なるか復活のカギ(上)不振 構造改革期に追い打ち

日産の試練 
なるか復活のカギ(上)不振 構造改革期に追い打ち

経済 | 神奈川新聞 | 2020年8月4日(火) 18:00

厳しい業績見通しを発表する日産自動車の内田誠社長(右)=28日午後、同社本社(同社提供)
厳しい業績見通しを発表する日産自動車の内田誠社長(右)=28日午後、同社本社(同社提供)

 「回復の見込みが非常に鈍い。何か日産特有の理由があるのか-」

 オンラインで28日に行われた2021年3月期の第1四半期(4~6月)決算会見で記者に問われ、日産自動車(横浜市西区)の社長、内田誠は雄弁に語ってみせたが、具体的な要因については言及を避けていた。

 なぜか固定費の削減方針を繰り返し言い募り、さらに世界需要が年度末にかけて盛り返す楽観的な見込みを示し、はぐらかし続けた。

 競合他社はこの第1四半期を底に回復を見込む社が少なくない。日産の4~6月の世界販売台数は前年同期比47・7%減の64万3千台と大きく沈んだ。米国の市場全体の落ち込み31・6%減と比べて、日産の同市場での販売台数は半減した。

 この足元の業績を加味した上で公表した今期見通しで、営業損益は過去最大となる4700億円の赤字を見込む。

 日産だけが、回復のスピードが遅いのではないか…。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

日産自動車に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング