1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 中小業況、過去最悪に リーマン上回る後退

中小業況、過去最悪に リーマン上回る後退

経済 | 神奈川新聞 | 2020年7月2日(木) 11:24

4~6月期 川崎信金調査

  川崎信用金庫(川崎市川崎区)が実施している「市内中小企業景気動向調査」で、4~6月期の業況判断指数(DI)が前期比38・7ポイント減のマイナス59・0になり、1990年の調査開始以来、最も悪い水準になったことが分かった。新型コロナウイルス感染拡大と収束後への不安が広がり、リーマンショック時(2009年1~3月期)のマイナス57・8をも上回った。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

景気判断に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング