1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 県内、過去最大落ち幅 6月短観、先行きさらに悪化も

県内、過去最大落ち幅 6月短観、先行きさらに悪化も

経済 | 神奈川新聞 | 2020年7月2日(木) 10:23

 日銀横浜支店は1日、6月の企業短期経済観測調査(短観)を発表した。県内企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は、全産業でマイナス29となり、3月調査と比べ32ポイント下落し、比較できる1998年以降で過去最大の落ち幅となった。2期連続の悪化で、2008年のリーマン・ショック(マイナス31)以来の低水準。先行きはさらに悪化を見込む企業数が増え、マイナス32だった。

 福田英司支店長は「新型コロナウイルスの世界的感染拡大の長期化の影響から、企業の経営環境が大幅に悪化している」と指摘した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

日銀短観に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング