1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 相鉄アプリ、12月リニューアル 走行・遅延状況、分単位

相鉄アプリ、12月リニューアル 走行・遅延状況、分単位

経済 | 神奈川新聞 | 2018年11月28日(水) 11:33

「相鉄線アプリ」の起動画面(同社提供)
「相鉄線アプリ」の起動画面(同社提供)

 相模鉄道(横浜市西区)は12月13日から、スマートフォンやタブレット型端末向けの無料アプリケーション「相鉄線アプリ」を配信する。2008年から配信していた「相鉄アプリ」をリニューアルし、利便性向上と輸送障害発生時の正確な情報提供を目的に開発した。

 新たに、列車の走行位置をリアルタイムで確認できる「列車走行位置」機能を追加。列車の遅延状況を分単位で表し、到着見込み時刻を表示する。

 また、同線全25駅の改札口の混雑状況が分かる「Station View(ステーションビュー)」や、各駅の運行情報ディスプレーと同じ内容を表示するほか、問い合わせを会話形式で応答する「チャットボット」などの機能も備える。

 問い合わせは、相鉄お客様センター電話045(319)2111。

アプリに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング