1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 開業以来最大の改装 新百合ケ丘駅のアコルデ新しく 川崎

開業以来最大の改装 新百合ケ丘駅のアコルデ新しく 川崎

経済 | 神奈川新聞 | 2018年11月28日(水) 02:00

「散策のこみち」をコンセプトにリニューアルされたフロア=川崎市麻生区の小田急アコルデ新百合ケ丘北館
「散策のこみち」をコンセプトにリニューアルされたフロア=川崎市麻生区の小田急アコルデ新百合ケ丘北館

 小田急線新百合ケ丘駅直結の商業施設「小田急アコルデ新百合ケ丘北館」(川崎市麻生区)の3階フロアが27日、リニューアルオープンした。小田急電鉄が1997年の開業以来最大となる改装を進め、飲食や美容を中心とした10店舗が並ぶ。

 7階建ての同館は3階フロアが同駅改札と直結し、24時間の通行が可能。今回は同フロアを、日常生活で気軽に立ち寄れる「散策のこみち」をコンセプトに据えて、てこ入れを図った。

 20代女性に人気の台湾ティーカフェ「Gong cha(ゴンチャ)」をはじめ、「スターバックスコーヒー」や和食の「おぼんdeごはん」、ドラッグストア「マツモトキヨシ」など8店舗が新規出店した。

 この日は、ゴンチャの商品を求め、女子大生や親子連れらが長蛇の列を作った。同社担当者は「これまで商業の中心は南側だったが、駅との一体感もあり、北側がより盛り上がるのではないか」と期待を寄せていた。

新百合ケ丘に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング