1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 「医療物資」県に寄贈を 横浜商議所が呼び掛け

新型コロナ
「医療物資」県に寄贈を 横浜商議所が呼び掛け

経済 | 神奈川新聞 | 2020年5月24日(日) 13:00

 横浜商工会議所(上野孝会頭)が、横浜市内の会員企業約1万2千社に対し、「医療物資」を県に寄贈するよう呼び掛けている。新型コロナウイルスの影響で安定的な入手が難しい物資を具体的に示し、「備蓄などがある場合には贈ってほしい」としている。

 「必要な医療物資」として挙げているのは、不織布ガウン、プラスチックガウン・エプロン、N95マスク、タイベック(防護服)、ニトリルグローブ、医療用使い捨てキャップ・シューズカバー、滅菌脱脂綿。この9物資について直接、県政策局未来創造課宛ての送付を求めている。

 詳細は同商議所のホームページに掲載。問い合わせは、同課電話045(285)0711。同商議所企画広報部電話045(671)7478。

横浜商工会議所に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング