1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. しゃべる「鉄腕アトム」発売 AI実装、体操やダンスも

しゃべる「鉄腕アトム」発売 AI実装、体操やダンスも

経済 | 神奈川新聞 | 2018年9月10日(月) 17:55

10月1日から発売される「コミュニケーション・ロボットATOM」
10月1日から発売される「コミュニケーション・ロボットATOM」

 手塚治虫さんの漫画「鉄腕アトム」をモデルに人工知能(AI)を活用した「コミュニケーション・ロボットATOM」が10月1日、発売される。2018年が手塚さんの生誕90周年に当たり、講談社(東京都)が主導し富士ソフト(横浜市中区)などが関わる「ATOMプロジェクト」の一環で、10日に都内で完成披露会が行われた。

 プロジェクトには講談社と手塚プロダクション(東京都)、NTTドコモ(同)、VAIO(長野県)、富士ソフトの5社が参加し、各社が強みを生かして発話しクラウドで成長する「家族の一員になるロボット」を目指した。

 完成したATOMは身長約44センチ、重量約1・4キロ、外装はABS樹脂製。最大12人の顔と名前を覚え、リアルタイムで相手の表情に反応し、それぞれの人に応じた会話を行う。ラジオ体操や歌、ダンスなどでコミュニケーションを取るとともに、胸の部分の液晶ディスプレイに絵本や音楽、映像を再生。クラウド経由で今週のお薦め情報や料理レシピなどの多彩なコンテンツも楽しめる。

 富士ソフトの役割は、同社が開発したコミュニケーションロボット「PALRO(パルロ)」のテクノロジーとノウハウを基に、ATOM本体の設計や、搭載しているOS、AI、各種アプリケーションの設計・開発を行った。

 講談社は2017年4月、毎週ATOMの部品が届く「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」を創刊。9月11日発売の第70号で最終号を迎え、組み立て式のATOMが完成することになる。

 「コミュニケーション・ロボットATOM」は21万2900円(税別)。家電量販店や講談社オンラインストアなどで販売する。問い合わせは、講談社ATOMサポートセンター電話03(5395)5795。

ロボットに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング