1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 女子専用学習塾が横浜に開校 講師は女性起業家

女子専用学習塾が横浜に開校 講師は女性起業家

経済 | 神奈川新聞 | 2018年8月21日(火) 11:19

コワーキングスペースで活動する女性起業家が講師を務める
コワーキングスペースで活動する女性起業家が講師を務める

 さまざまな分野で活躍する女性起業家が講師を務める女子専用の学習塾「シードハウス横浜西口校 ブルーコンパス教室」が21日、横浜市西区平沼1丁目に開校する。学習塾を運営するシードハウス(藤沢市)と、女性専用のワーキングスペース・コミュニティーを運営するブルーコンパス(横浜市西区)が提携してサービスを提供する。

 2020年で従来のセンター試験は廃止される。暗記力・記憶力・計算力重視の学習ではなく、「自分が将来必要なことを選択的に学ぶ」といった学習スタイルに移るといわれ、生徒の取り組んできた「活動」が評価基準として重要視されるという。同サービスはこれらの新受験制度に対応したシステムとなっている。

 塾では、多様な女性起業家が集まるコワーキングスペースで女子生徒と働く女性をマッチング。生徒に将来のビジョンが想像しやすい環境を提供し、今後どういったことに取り組むかの参考にしてもらう。

 新制度では、「他者と共同して学ぶ」という活動にも重点が置かれる。学習指導要領にも、地域の大人や働いている大人との共同学習が取り入れられている。同塾では起業家である講師に生徒が発案したプレゼンテーションを行う。講師との質疑応答による対話で新制度に必要な「思考力・判断力・表現力」を養うことができる。

 これらの「自分のやりたいことを発見するための講座」(プロジェクト学習)と、5教科(国語、英語、数学、理科、社会)対策を同塾では提供する。

 担当者は「プロジェクト学習は他の予備校などにはない特殊なプラン。ワークショップで事前に体験してほしい」と話す。

 対象は小学生から高校生までの女子(小学生は男児も可)。ワークショップ開催は21日、22日。問い合わせは、同校電話045(532)4192。

学習塾に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング