1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 横浜ランドマークタワー25周年 ホテルやホール一新へ

横浜ランドマークタワー25周年 ホテルやホール一新へ

経済 | 神奈川新聞 | 2018年7月14日(土) 02:00

各施設のリニューアルが進む横浜ランドマークタワー=横浜市西区
各施設のリニューアルが進む横浜ランドマークタワー=横浜市西区

 横浜・みなとみらい21(MM21)地区の民間第1号プロジェクトとして誕生した横浜ランドマークタワーが16日、開業25周年を迎える。約160店舗が入る商業施設「ランドマークプラザ」では、これまでに延べ7億1215万人が訪れた。ホテルやホールなど施設内のリニューアルも順次進め、さらなる集客力向上を目指す。

 横浜ランドマークタワーは三菱地所(東京)が開発・所有し、1993年7月16日に開業。地下4階、地上70階建てで、296メートルの高さは当時日本一だった。

 オフィス・商業施設のほか、高さ273メートルの展望フロア「スカイガーデン」、横浜ロイヤルパークホテル、国の重要文化財「ドックヤードガーデン」などで構成する国内最大級の複合施設。ランドマークプラザには昨年、MM21地区来街者の4割に当たる年間3180万人が来場した。

 25周年を迎え、ランドマークプラザは計34店舗が順次リニューアルまたは新規出店。510人収容のランドマークホールは音楽ライブに重点を置いた施設として今月1日にリニューアルオープン。横浜ロイヤルパークホテルは今後4年間で全16フロアをリニューアルする予定だ。

 ランドマークプラザ1階では14日から29日までの週末と祝日、歌手の青山テルマさんらをゲストに招いて記念の公開生放送やライブイベントが行われる。

みなとみらいに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング