1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 最先端つなぐ新部署設置 川崎「キングスカイフロント」

最先端つなぐ新部署設置 川崎「キングスカイフロント」

経済 | 神奈川新聞 | 2020年4月11日(土) 15:00

今春始動した新部署「殿町キングスカイフロントクラスター事業部」=川崎市川崎区
今春始動した新部署「殿町キングスカイフロントクラスター事業部」=川崎市川崎区

 ライフサイエンス分野の研究開発拠点「殿町キングスカイフロント」(川崎市川崎区)のマネジメントを担う部署が今春、市産業振興財団内に新設された。同地区に集まる69の機関を結び付けるとともに、地区外との連携も強化。2011年に国際戦略総合特区に指定され発展してきた同地区は、目標とする世界最高水準の研究開発拠点に向け新たなステージに入る。

 新部署は「殿町キングスカイフロントクラスター事業部」。トップのクラスター運営オーガナイザーに元田辺三菱製薬会長の土屋裕弘氏を招聘(しょうへい)し、運営プロデューサー、運営マネジャーにも大手製薬企業などで開発に従事してきた博士級の4人が就任した。事務方の責任者に当たるクラスターマネジメント課長も外部のベンチャー企業から招くなど、異色のメンバー構成となっている。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

研究に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング