1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 中井の地下水で新商品 ブルックス、コーヒーと好相性

中井の地下水で新商品 ブルックス、コーヒーと好相性

経済 | 神奈川新聞 | 2020年4月6日(月) 05:00

新商品を手にする杉山町長(右)と小川社長=中井町役場(中井町提供)
新商品を手にする杉山町長(右)と小川社長=中井町役場(中井町提供)

 中井町に拠点があるコーヒーなどの通信販売業「ブルックス」は、地元の豊かな地下水を生かした新商品「丹沢の山々をのぞむ まろやか天然水」を28日に発売する。町の地域資源の商品化は初めて。

 新商品はミネラル豊富な中井の地下水を使用。国内では珍しい「中硬水」で、硬水より滑らかで飲みやすく、軟水よりもミネラルが多い。お茶やコーヒーを入れたり、料理で使ったりしても相性が良いという。

 1992年から町内にコーヒー生産の拠点を置く同社は、2018年に町と包括連携協定を締結。今回の新商品もその一環となる。同社の小川裕子社長も出席した3月16日の商品発表会では、杉山祐一町長が「町をより多くの人に知ってもらい、交流人口の拡大や地域振興に弾みがつけば」と期待を口にした。

 「まろやか天然水」は500ミリリットルペットボトルで129円(税込み)。町内の「ブルックスSHOP&CAFE」やビオトピア(大井町)などで販売される。

地域振興に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング