1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 社員寮、「保有」から「賃貸」へ 賃貸経営の新たな選択肢

社員寮、「保有」から「賃貸」へ 賃貸経営の新たな選択肢

経済 | 神奈川新聞 | 2020年3月31日(火) 05:00

大和ライフネクストが手掛ける賃貸型の社員寮=横浜市内
大和ライフネクストが手掛ける賃貸型の社員寮=横浜市内

 首都圏の不動産マーケットで賃貸型の社員寮がじわりと存在感を増している。世界的な市況の悪化で一時は売却が進んだが、その役割にあらためて注目が集まる。地主や投資家にとっては安定した収入と運営が見込めるため、賃貸経営の新たな選択肢になりそうだ。

 新旧の街並みが混在する東京都江東区に今月、賃貸型の社員寮が完成した。駅徒歩7分、7階建てで全284戸の「エルプレイス(LP)南砂」。大和ハウスグループの大和ライフネクスト(東京都)が運営を担う。

 横浜市港北区の菊名駅から歩いて8分。小高い丘にたたずむ5棟「LP菊名」も同社が管理する。1992年に竣工(しゅんこう)した3、5階建ての計112戸を全面改修し、1室単位で貸し出す。いずれの物件も各戸に家具と家電がそろう。

 業界大手の一角を成す同社は、東京や神奈川を中心に50棟以上を展開。2020年度には新たに1千戸弱の供給を掲げる。

■□■

 大手企業はかつて、福利厚生の手厚さを示す象徴として各地に社員寮を所有していた。しかし、不動産市況が急落したリーマン・ショックを経て売却の流れが加速。取り壊された跡地には相次いでマンションが開発された。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

不動産に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング