1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 愛らしい「ひつじでんしゃ」 こどもの国線にお目見え

愛らしい「ひつじでんしゃ」 こどもの国線にお目見え

経済 | 神奈川新聞 | 2020年3月30日(月) 05:00

雪の降る中デビューした「ひつじでんしゃ」
雪の降る中デビューした「ひつじでんしゃ」

 東急電鉄が運営する「こどもの国線」に29日、羊をイメージした愛らしい電車がお目見えした。約30頭の羊を飼育している雪印こどもの国牧場(横浜市青葉区)にちなんだ企画で、乗客に来園をPRする。

 同線の3編成のうち、1編成を「ひつじでんしゃ」と名付けた。外観に羊のイラストを描き、車体に白と茶色のラッピングを施した。車内の壁や床にものどかな牧場の風景が広がる。


車内のあちこちに羊が描かれた「ひつじでんしゃ」
車内のあちこちに羊が描かれた「ひつじでんしゃ」

車内のあちこちに羊が描かれた「ひつじでんしゃ」
車内のあちこちに羊が描かれた「ひつじでんしゃ」

 同線には、同牧場に約40頭いる牛をあしらった白と黒の「うしでんしゃ」も2018年10月から走っている。運行は今月末までの予定だったが、好評のため東急電鉄などが継続を決めた。

 長津田駅とこどもの国駅を結ぶ同線は単線だが、中間駅の恩田駅付近で一時的に上下線に分かれるため、「ひつじ」と「うし」の列車がすれ違う様子も見られる。同社の担当者は「楽しい電車で気分を盛り上げてほしい」と話している。


外観も愛らしい「ひつじでんしゃ」
外観も愛らしい「ひつじでんしゃ」

29日にお目見えした「ひつじでんしゃ」。恩田駅付近では牧場の牛をイメージした「うしでんしゃ」(左)とすれ違う様子も見られる
29日にお目見えした「ひつじでんしゃ」。恩田駅付近では牧場の牛をイメージした「うしでんしゃ」(左)とすれ違う様子も見られる

東急電鉄に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング