1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. ヤマハ発、新横浜に拠点 AIなど先進技術開発へ

ヤマハ発、新横浜に拠点 AIなど先進技術開発へ

経済 | 神奈川新聞 | 2018年6月2日(土) 11:52

 輸送用機器などを製造するヤマハ発動機(静岡県磐田市)は14日、横浜市港北区新横浜に先進技術開発拠点「ヤマハモーターアドバンストテクノロジーセンター(横浜)」を開設する。次世代ロボティクス技術の開発などを進める。

 同センターは延べ床面積360平方メートル。2018年度は15人程度を配属し、21年内に50人程度までの増員を目指す。

 ロボティクス領域の人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)など先端技術の開発を進めるとともに、高度専門人材の育成なども行うという。

 また、オープンイノベーションの拠点にも位置づけ、先進技術の知見や強みを持つ企業、大学、研究機関との連携、協業を進める。同社は「各種先進技術情報の収集や、立地を生かした先進技術人材の獲得、育成を積極的に進める」としている。

開発拠点に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング