1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 【決算】東急電鉄、増収増益 鉄道・不動産が堅調

【決算】東急電鉄、増収増益 鉄道・不動産が堅調

経済 | 神奈川新聞 | 2018年5月12日(土) 02:00

 東京急行電鉄(東京都渋谷区)が11日発表した2018年3月期連結決算は、純利益が前期比4・2%増の700億9500万円となった。鉄道利用が伸びた鉄道事業や、不動産が堅調。米ハワイの固定資産売却益も計上した。売上高は1・9%増の1兆1386億1200万円、営業利益は6・3%増の829億1800万円だった。

 事業別の売上高は、交通事業が2・0%増の2115億5700万円。沿線人口が増加し、雇用環境が改善したことで輸送人員は1・3%増となった。

 不動産事業は販売収入が増加し、7・3%増の1825億7400万円。生活サービス事業は1・5%増の7003億5200万円。ホテル・リゾート事業は1・3%減の1041億400万円だった。

 19年3月期の連結業績予想は、売上高が1・2%増の1兆1523億円、営業利益は7・1%減の770億円、純利益は27・2%減の510億円を見込んでいる。

こちらもおすすめ

東急電鉄に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング