1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 【決算】ノジマ、最高益を更新 白物家電が好調

【決算】ノジマ、最高益を更新 白物家電が好調

経済 | 神奈川新聞 | 2018年5月9日(水) 02:00

 家電量販店のノジマ(横浜市西区)が8日発表した2018年3月期連結決算は、家電販売が好調で売上高は前期比16・2%増の5018億9千万円、営業利益は12・9%増の170億4400万円、純利益は34・2%増の136億3400万円と、いずれも過去最高を更新した。

 事業別の売上高は、デジタル家電専門店運営が前期比7・3%増の1990億8300万円。エアコン、冷蔵庫、洗濯機など白物家電がよく売れた。プライベートブランド「エルソニック」も好調だった。

 キャリアショップ運営事業は、0・1%増の2461億2900万円。携帯販売会社ITXの売上高は横ばいだったが、販売費などの経費構造改革を進め、営業利益は増益だった。インターネット事業の売上高は500億3600万円。

 同日会見した野島廣司社長は「コンサル力によりノジマが伸びている」とした上で、「(家電市場は)eコマースやホームセンターなどで強くなってきている商品もあるが、そういう中でほぼ横ばい。将来は普及が進んでいる一部商品、スマートフォンは台数は伸びず、モノよりもコトへと流れるのでは」と話した。

 19年3月期の連結業績予想は、売上高が2・7%増の5156億円、営業利益は5・0%増の179億円、純利益は2・7%増の140億円を見込んでいる

決算に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング