1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 石田建設「ユースエール認定企業」に 若者雇用積極、建設業で初

神奈川県内7社目
石田建設「ユースエール認定企業」に 若者雇用積極、建設業で初

経済 | 神奈川新聞 | 2018年3月3日(土) 02:00

石田建設の石田代表取締役(左)と神奈川労働局の姉崎局長
石田建設の石田代表取締役(左)と神奈川労働局の姉崎局長

 神奈川労働局は2日、建設業の石田建設(横浜市泉区)を「ユースエール認定企業」に認定し、認定通知書の交付式を行った。

 ユースエール認定企業とは「若者雇用促進法」に基づき、若者の採用・育成に積極的で、若者の雇用管理の状況が優良な中小企業が対象。離職率・有給休暇の取得実績などが一定の水準を満たした場合に厚生労働相が認定する制度。認定を受けると、若者の採用・育成を支援する関係助成金が加算されたり、日本政策金融公庫による低利融資を受けたりすることができる。県内で認定を受けたのは石田建設が7社目で、建設業での認定は初めて。

 石田建設は近年、若年層を積極的に採用するとともに残業時間を抑制。また社員が十分に休暇を取得できるような制度づくりを行っているという。

 同社の石田典明代表取締役は「建設業界は人材確保に苦労しているが、弊社ではアットホームな雰囲気の中で若手社員を育成している。若者が職場にいると活気が出る。今後も業界のやりがいをPRすると同時に、働きやすい環境づくりに努めていきたい」と話した。神奈川労働局の姉崎猛局長は「こういった企業が増えるよう、取り組みを続けていきたい」と述べた。

労働に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング