1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. メルカリ、赤字141億円

スマホ決済の投資費用拡大
メルカリ、赤字141億円

経済 | 共同通信 | 2020年2月6日(木) 18:14

 フリーマーケットアプリ運営のメルカリが6日発表した2019年12月中間連結決算は、純損益が141億円の赤字(前年同期は44億円の赤字)となった。成長分野と位置付けるスマートフォン決済「メルペイ」で、利用者獲得のキャンペーンや加盟店開拓の費用がかさんだ。米国向けサービスの拡大に伴う投資増も響き、赤字が膨らんだ。

 売上高は前年同期比38・7%増の329億円で、引き続き過去最高を更新した。国内のフリマ事業がけん引している。ただ暖冬により衣料品取引の勢いが弱まるなど、フリマの取引高の伸びは鈍化した。

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング