1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 富士ソフトが相談窓口 日本マイクロソフトと連携

富士ソフトが相談窓口 日本マイクロソフトと連携

経済 | 神奈川新聞 | 2018年1月24日(水) 12:31

 富士ソフト(横浜市中区)は23日、日本マイクロソフト(東京都)と連携して、米マイクロソフトが提供する最新版のパソコン向け基本ソフト(OS)への円滑な移行を支援する相談窓口を開設した。

 現在、普及しているマイクロソフトのOS「ウィンドウズ7」と「マイクロソフトオフィス2010」のサポート期間はともに、2020年に終了する。これを踏まえ、富士ソフトがソフト開発やセキュリティー対策で蓄積した知見を生かし、最新版のOS「ウィンドウズ10」などへの更新に向けた課題解決に関し、相談窓口で無料で情報提供してサポートする。

 また、セキュリティー診断や最新OSの導入検証サービスなどのメニューも用意している。富士ソフトの相談窓口「移行支援センター」は、フリーダイヤル(0120)938817。

富士ソフトに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング