1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 展望2020(9) 新車販売は堅調予測

神奈川トヨタ自動車 上野健彦会長
展望2020(9) 新車販売は堅調予測

経済 | 神奈川新聞 | 2020年1月21日(火) 05:00

 「100年に一度の変革期」にある自動車業界。電動化や自動運転といった技術革新が注目を集める中、景況感の指標となる新車販売台数はどう変化しているのか。県自動車販売店協会の会長を務める神奈川トヨタ自動車(横浜市神奈川区)の上野健彦会長に聞いた。

 ─足元の新車販売状況は。

 「マーケットを四半期ベースで分析すると、ここ2年ぐらいは『わずかに良い』。今の経済状況であれば、2020年もよほどのことがない限り同程度の水準で推移するだろう」

 「新車販売のほとんどを占めるのは既存の顧客による『買い替え』だ。その頻度は主に景気に左右される。好況時は買い替えの周期が短くなり、逆に不況だと長くなる。現状は若干だが短くなっている。総じて7年数カ月から8年の間だ」

 ─消費税増税の影響は。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

展望2020に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング