1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 展望2020(6)個人消費 堅調に推移

横浜岡田屋 岡田 伸浩社長
展望2020(6)個人消費 堅調に推移

経済 | 神奈川新聞 | 2020年1月16日(木) 11:41

 インターネット通販市場の拡大が続く流通業界。自宅にいながら商品を選べる時代にあって、実店舗は消費者心理をつかむために模索している。商業ビル「モアーズ」を構え、横浜・新港ふ頭に昨年オープンした複合施設「横浜ハンマーヘッド」の運営を主導する横浜岡田屋(横浜市西区)の岡田伸浩社長に聞いた。


横浜岡田屋 岡田 伸浩社長
横浜岡田屋 岡田 伸浩社長

 ─個人消費の動向は。

 「底堅い印象だ。所得が増えなくても、おのおのが豊かさを感じている。決して不況感に覆われてはいない。要因の一つに、高品質で低価格の商品を提供している日本企業の存在がある。その努力は世界に誇るべきものだろう」

 「自社の業種別売り上げをみると、ファッション衣料が引き続き苦戦している。シェアは依然として高いが、主役の座は食料品や趣味雑貨といった『非アパレル分野』に入れ替わりつつある。昨年はそうした傾向がより鮮明になった」

 ─消費税増税の影響は。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

展望2020に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング