1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 「漁港経済の再生を」  三浦商議所・鈴木新会頭に聞く

「漁港経済の再生を」  三浦商議所・鈴木新会頭に聞く

経済 | 神奈川新聞 | 2019年12月31日(火) 13:22

 三浦商工会議所の会頭に11月1日、鈴木金太郎氏(72)が就いた。2010年から9年間、副会頭として地元経済を支えてきた一方、県内外に20店舗以上を構えるマグロ専門問屋の創業者として三浦の食の魅力を発信してきた。漁港経済の再生をはじめ、重点課題に挙げる観光・産業振興にどう取り組むのか。インタビューに応じ抱負や展望などを語った。

三崎マグロブランド活用


インタビューに応じる三浦商工会議所新会頭の鈴木金太郎氏
インタビューに応じる三浦商工会議所新会頭の鈴木金太郎氏

 -漁港経済の課題は。

 「水揚げ増加や漁船誘致に取り組み、仲買や市場関係者が商売を広げられるようにしていかなければ。20年以上前から商社による『一船買い』(取った魚を全て買い取る)が主流となり流通が変わった。仕事が減り、仲買の数はかつての半分程度。水産業の停滞を生んでいる。何とか水産業人口を増やしていきたい」

 -三浦の観光の現状は。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

商工会議所(商議所)に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング