1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 神奈川工業技術開発大賞(3)プラズマ処理、小型化

挑む中小企業
神奈川工業技術開発大賞(3)プラズマ処理、小型化

経済 | 神奈川新聞 | 2019年12月5日(木) 11:36

 「ピンチをチャンスに変えたことで、新しい商品が生まれた」。泉工業の塩脇衛副社長は、電子レンジほどの大きさの小型なプラズマ処理装置「ipsolon(イプソロン)」が誕生した経緯をそう説明する。

 始まりは10年以上前にさかのぼる。2008年、リーマン・ショックが同社を襲った。1985年の創業以来、金属製品製造業一筋だったが売上高は前年比6割減まで落ち込んだ。

 「このままでは会社がつぶれてしまう」。塩脇勝実社長は新規事業の立ち上げを決断し、さまざまな勉強会に足を運び始めた。あるとき、大気圧中でプラズマを発生させる研究が行われていることを知る。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

連載「挑む中小企業」に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング