1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 消費税10%ショック(上)軽減税率、レジ締め1時間

消費税10%ショック(上)軽減税率、レジ締め1時間

経済 | 神奈川新聞 | 2019年11月10日(日) 17:32

 消費税が10%に引き上げられ1カ月。複雑な軽減税率やポイント還元などの政策に対し、中小店舗が翻弄される実情が浮かび上がる。消費が冷え込む中での増税に、厳しい経営環境が一層浮き彫りとなっている。現場の声を聞いた。


キャッシュレスによって最大5%分がポイント還元される仕組みを導入した店舗に配布されているポップ
キャッシュレスによって最大5%分がポイント還元される仕組みを導入した店舗に配布されているポップ

 横浜市内の中華料理店店主はこの数カ月翻弄(ほんろう)され続け憤っていた。

 「結局は政府に振り回されている。小規模な店の現場のことなんか、ちっとも考えていないんだろう」

消費税10%ショック(中)還元制度、試される企業

 消費税が10%に引き上げられたが、一部が軽減税率の対象として8%に据え置かれている。例えば店舗内で食べる場合は「外食」に当たり消費税は10%だが、持ち帰りだと「食料品」に当たり8%となる。

 店主のため息は深い。

 「うちが仕入れる箸や料理酒、出前の際のパッケージは10%、食材は8%。品物で消費税率が混在している。これを全て分けて処理しなければいけない」

 毎晩、40分ほどで済ませていたレジを締める作業に1時間以上かかるようになった。

値上げできず

 仕入れ段階で10%かかるものがあるため商品の原価は高まった。しかしメニューの価格改定は見送ったという。「様子を見ようと思っていたが、10月に入って持ち帰りの客が1割ほど増えたんです。わずか2%だけど持ち帰った方が安いと考える人が少なくないということ。そんな状況で値上げなどできない」

 藤沢市内で約10店舗の飲食店を経営する社長も苦言を隠さない。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

消費税に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング