1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 【岐路 郊外百貨店の今】(上) 購買行動変化が打撃

【岐路 郊外百貨店の今】(上) 購買行動変化が打撃

経済 | 神奈川新聞 | 2019年10月9日(水) 18:17

 地域経済をけん引し、街の顔を担う郊外の百貨店が今、撤退や業績不振に苦しむ。県内も例外ではない。岐路に立つ百貨店の今を報告する。


閉店間際まで大勢の買い物客が詰め掛け、名残を惜しむ様子が見られた伊勢丹相模原店=9月30日午後6時45分ごろ
閉店間際まで大勢の買い物客が詰め掛け、名残を惜しむ様子が見られた伊勢丹相模原店=9月30日午後6時45分ごろ

 9月30日午後7時すぎ。小田急線相模大野駅前で、伊勢丹相模原店が29年間の歴史に幕を下ろした。閉店セレモニーで山下洋志店長(53)は「多くのお客さまにご来店いただき、日々支えてもらった」と語り、玄関前の明かりが消えた後も名残を惜しむ人々が途切れなかった。

 開業当初から約20年間売り場に立ったという女性(70)は、かつての従業員仲間とセレモニーを見守り「さみしい」と繰り返した。近隣に住む男性会社員(54)も「駅至近の立地。街が衰退しなければよいが」と指摘した。

 伊勢丹相模原店はバブル期の1990年9月から、相模原市内唯一の百貨店としてにぎわいを生んできた。93年には増床し、ピークの96年度は売上高が377億円にまで伸びたが、2018年度は187億円と半減していた。

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)は同店の閉店理由として、消費行動の変化や周辺商業施設との競争激化を挙げる。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

伊勢丹に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング