1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 【競争】混戦模様の県内市場

低価格スーパー 人気の裏側(下)
【競争】混戦模様の県内市場

経済 | 神奈川新聞 | 2019年9月19日(木) 16:58

豊富な食品を取りそろえる小型スーパー「イオンスタイル上麻生店」=川崎市麻生区
豊富な食品を取りそろえる小型スーパー「イオンスタイル上麻生店」=川崎市麻生区

 「このエリアにはまだ出店の余地がある。当面はそれに集中したい」

 自社の戦略についてこう話すのは、国道16号線内側を中心に店舗展開しているオーケー(横浜市西区)の二宮涼太郎社長。神奈川を含めた1都3県で出店攻勢をかけ、店舗数はこの10年間で倍増し、118店舗に拡大させた。

 600坪を超えるような大型店のほかにも、都心部には「コンビニより少し大きい程度の広さでも積極的に出店している」という。立地によって店舗規模を変化させて着実に出店を重ねることで、エリア内での存在感を高めている。

 低価格と独自性の高い商品で支持を集め、全国に「業務スーパー」を展開する神戸物産(兵庫県)も出店を加速させている。

 県内には8月だけで「川崎駅前店」(川崎市川崎区)など3店舗を出店。渡辺秋仁取締役は「人口が多いのは魅力」と今後も出店を続ける考えだ。

■□■

 一方、専門店や中堅スーパーの台頭により大手総合スーパーは苦戦を強いられているが、業界最大手のイオンリテール(千葉県)は改革のスピードを加速させ、巻き返しを図る。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

スーパーに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング