1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. よこすかポートマーケット1年継続 観光人気、3店新たに

よこすかポートマーケット1年継続 観光人気、3店新たに

経済 | 神奈川新聞 | 2019年3月30日(土) 12:34

閉店時期を先延ばしし、4月以降も継続営業するよこすかポートマーケット (横須賀市新港町)
閉店時期を先延ばしし、4月以降も継続営業するよこすかポートマーケット (横須賀市新港町)

 三浦半島の新鮮な農水産物などを扱う大型直売所「よこすかポートマーケット」(横須賀市新港町)に4月、スカジャンやドーナツなど観光客に人気の商品を販売する3店が新規オープンする。3月末に閉店する方針を延期し、1年間限定で継続運営する。

 3店は「生鮮野菜イーアンドビー&地場や」(出店日4月1日)、横須賀Tシャツやスカジャンを扱う「MCハウス」(同3日)、三浦市の三崎港近くに本店がある「ミサキドーナツ」(同5日)。東部漁協など2店と入れ替わる。

 ポートマーケットは2013年3月にオープンしたが、運営する市の全額出資法人「シティサポートよこすか」が昨年1月、経営不振から19年3月末で閉店すると発表。これに対し、出店者でつくる「事業者会」が継続運営を求め、市はリニューアル工事が始まるまでの1年間限定で運営を認めた。

 継続期間の新たなスタートに合わせ、4月5~7日に感謝祭を開催。毎日、先着500人に無料で関口牧場ソフトクリームを、先着300人に横須賀産キャベツを1玉50円、湘南しらす揚げ餅を1袋100円でそれぞれ提供する。

地産地消に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング