1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 地域貢献指標を公表 神奈川銀

地域貢献指標を公表 神奈川銀

経済 | 神奈川新聞 | 2017年7月5日(水) 02:00

 神奈川銀行は4日までに、金融仲介としての取り組みを企業などに評価してもらうための地域貢献指標となる「ベンチマーク」を公表した。計17項目について明らかにし、2017年3月期にメインの取引先1740のうち7割強となる1291の取引先で、売上高や営業利益率などの経営指標が改善した。

 同行は、従来から年に1度、取引先企業に対する経営改善計画の策定支援先数や、経営改善支援の実績などの数値を開示。地域密着の観点から注力する事業内容も公表していた。

 今回は、16年9月に金融庁が示した指標に基づいて実績を新たに公表。取引先の事業承継ニーズに応える取り組みとしてヒアリングシートの導入や、役職員119人が「事業承継・M&Aエキスパート」の資格を取得したといった内容も盛り込んだ。

 担当者は「ベンチマークは、地域密着型金融の推進計画の進捗(しんちょく)を図る一つの達成目標。当行の取り組みを幅広く知ってもらう指標として公表した」と話している。

銀行に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング