1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. ジャパンタイムズをPR会社に譲渡へ ニフコ

ジャパンタイムズをPR会社に譲渡へ ニフコ

経済 | 神奈川新聞 | 2017年6月13日(火) 02:00

 工業用ファスナーなどを手掛けるニフコ(横須賀市)は12日、子会社で英字新聞を発行するジャパンタイムズ(東京都港区)の全株式をPR会社、ニューズ・ツー・ユーホールディングス(同千代田区)に譲渡すると発表した。譲渡額は非公表。6月下旬に譲渡手続きを完了させる予定。

 ジャパンタイムズは1897(明治30)年創刊で、今年120周年を迎えた国内唯一の英字専門の新聞社。ニフコの創業者で、昨年11月に亡くなった小笠原敏晶氏が1983年以降、経営に携わり、同社が96年に子会社にしていた。直近の発行部数は4万4千部。

 譲渡理由について同社は「自動車向け合成樹脂事業を中核に世界17カ国にビジネスを広げており、自動車業界が変化に直面する中、経営資源を集中する必要がある。業態の違いもあり、今後、ジャパンタイムズとの相乗効果が見いだしにくいと判断した」としている。

 ニューズ・ツー・ユーHDは「ジャパンタイムズのノウハウを生かし、顧客向けに海外への情報発信サービスなどを開発していく」としている。

新聞に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング