1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 40%省エネ効果向上、東京ガスの業務ビル「アースポート」/横浜

40%省エネ効果向上、東京ガスの業務ビル「アースポート」/横浜

経済 | 神奈川新聞 | 2010年8月24日(火) 22:15

東京ガスが改修した省エネ型の業務ビル=横浜市都筑区
東京ガスが改修した省エネ型の業務ビル=横浜市都筑区

東京ガスは24日、省エネ効果向上へ改修した業務ビル「アースポート」(横浜市都筑区)を公開した。太陽熱やコージェネレーションシステムの廃熱を冷暖房に活用するなどの技術を導入。1次エネルギー消費量を従来型から40%削減、二酸化炭素(CO2)も47%減らせるとしている。

ビルは1996年の完成で、東ガスグループ会社の200人が勤務している。当初から既存の省エネ設備が導入されているビルで、さらにCO2削減効果を上げるための改修ノウハウを蓄える狙いもある。横浜市の次世代エネルギー実証事業「スマートシティプロジェクト」の1項目にも位置付けられている。

屋根に太陽熱集熱器を並べ、ガスエンジンのコージェネレーションシステムと組み合わせ、廃熱も有効活用して空調を動かす。ビル壁面には太陽光発電パネルを張り、電力を賄う。

2030年までに省エネ・再生可能エネルギー活用と消費の差し引きがゼロになる「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル」を目指す。近隣地域に余剰エネルギーを融通する仕組みも検討している。

【】

太陽熱に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング