1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 相鉄HDが乗り合いバス事業を子会社の相鉄バスに全面移譲/神奈川

相鉄HDが乗り合いバス事業を子会社の相鉄バスに全面移譲/神奈川

経済 | 神奈川新聞 | 2010年5月27日(木) 20:54

相鉄ホールディングス(横浜市西区)は27日、乗り合いバス事業を連結子会社の相鉄バス(同)に全面移譲すると発表した。10年間にわたる労働組合との交渉の末、分社化の合意に至った。

31日の相鉄バスの臨時株主総会での決議などを経て正式に決める。事業承継させる吸収分割契約を締結し、10月1日に実施する。

相鉄ホールディングスのバス事業部門に在籍する約350人は相鉄バスに出向する。今後10年間で約100人が定年退職を迎えるが、新規採用は相鉄バスで担当する。人件費を抑制することなどでグループ経営の体質強化を進める。

会見で相鉄ホールディングスの鳥居真社長は「高齢化が進み、バス事業は脚光を浴びる可能性もある」とし、「限られている経営資源を有効に使う必要がある。今後は沿線価値の向上に力を入れたい」と話した。27日付で就任した菅谷雅夫相鉄バス社長は「利益を出し、運行本数の増加などで利用者に還元したい」と抱負を述べた。

私鉄各社がバス事業の子会社化を進める中、相鉄も2000年に分社化を組合に提案。今年2月に分社化手続きの交渉に入っていた。

【】

相鉄ホールディングスに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング