1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 4月の百貨店売上高、26カ月連続でマイナス/神奈川

4月の百貨店売上高、26カ月連続でマイナス/神奈川

経済 | 神奈川新聞 | 2010年5月21日(金) 23:28

県百貨店協会が21日発表した県内主要百貨店(横浜高島屋、そごう横浜店、横浜岡田屋、京急百貨店、都筑阪急、西武東戸塚店、さいか屋)の4月の売上高は前年比3・0%減の293億5135万円で、26カ月連続でマイナスとなった。

さいか屋を除いた横浜市内合計は前年比2・2%減の250億2648万円。3月に25カ月ぶりに前年実績を上回っていたが、再びマイナスに転じた。

商品別では食料品が1・9%増で7カ月ぶりに前年を上回ったものの、衣料品が7・1%減、家庭用品も7・5%減と苦戦した。県百貨店協会は「季節はずれの降雪や気温の低い日が続いたため、春物商品の売れ行きが鈍かった」と分析している。5月はその反動もあって「婦人服、紳士服で前年比2けた近い伸びで推移している」(横浜高島屋)という。

さいか屋はセールを実施した紳士服や美術、宝飾、貴金属などで前年を上回ったものの、自社運営していた旅行業務を日本旅行に委託したことなどが響き前年割れだった。

【】

高島屋に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング