1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 電気自動車向けの充電システム開発へ/日産と昭和シェル

電気自動車向けの充電システム開発へ/日産と昭和シェル

経済 | 神奈川新聞 | 2009年8月19日(水) 00:00

昭和シェル石油と日産自動車は19日、電気自動車(EV)向けの急速充電システムを共同開発すると発表した。昭和シェルの太陽電池と日産のリチウムイオン電池の技術を組み合わせ、昭和シェル系列のガソリンスタンドにEV向けの充電インフラを整える。

太陽電池で発電し、リチウムイオン電池に蓄電してEVに供給する仕組み。発電時にも二酸化炭素(CO2)を排出せず、完全なゼロ・エミッション車を実現できるとしている。経済産業省の「電気自動車普及環境整備実証事業」の委託事業の一環として、9月から開発に着手する。委託期限の来年3月までに試作品を完成させる計画。

昭和シェルは3月、ガソリン小売りの旭洋(横浜市)が藤沢市内で運営する系列スタンドにEV用充電器を設置して実証実験を始めた。屋根に太陽光パネルを設置しスタンドの消費電力の一部を賄えるようにすることで、災害時には地域への供給力としての活用も視野に入れる。

日産は「EV普及には急速充電器の開発が重要で、共同開発の意義は大きい」としている。

【】

ガソリンスタンドに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング