1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. エコポイント交換商品に地域商品券/逗子

エコポイント交換商品に地域商品券/逗子

経済 | 神奈川新聞 | 2009年7月13日(月) 00:00

省エネ家電購入者に価格の一定割合を還元する「エコポイント制度」。逗子市内の商店主などが加盟する逗子ポイントカード事業協同組合(岩田一郎理事長)が発行する「地域商品券」がエコポイント交換商品として採択された。引き換え申し込みが始まった1日以降、予想を上回る問い合わせがあるといい、担当者は手応えを感じている。

「国の予算で行う制度を活用しない手はない。数万円でも使ってもらえたら商店街が潤う」と担当者。消費拡大につなげようと、エコポイント交換商品として同組合が発行する「逗子しおかぜカード商品券」を国に申請し、採択された。

しおかぜカード商品券は市内の加盟店160店舗で利用できるのが強み。1千点で1千円の等価交換で、上限額はなし。通常、商品引き換えの際に郵送が必要な場合はポイントが別途必要になるが、同組合が負担。他の商品よりも”お得感”を演出した。

定額給付金の支給に合わせて同組合が5月に発売したプレミアム(割り増し)付き商品券は半数が売れ残ってしまったが、岩田理事長は「地元商店街に元気にすることが狙い。日用品と交換できる商品券は消費者の需要もあるのではないか」と期待をかける。今後、同組合のホームページに加え、交換コードを明記したポスターやチラシを加盟店に掲示したりして周知するという。問い合わせは、同組合事務局電話046(873)2774。

【】

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング