1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 朋友台湾(2)次なる成長の模索を

経済の現場から
朋友台湾(2)次なる成長の模索を

経済 | 神奈川新聞 | 2016年9月9日(金) 14:40

約6千人の研究者を擁し、イノベーションの創出にあたる台湾最大の産業技術研究機関・工業技術研究院の館内=台湾・新竹県
約6千人の研究者を擁し、イノベーションの創出にあたる台湾最大の産業技術研究機関・工業技術研究院の館内=台湾・新竹県

 台湾の電子産業は輸出金額の4割弱を占めるまでに発展し、経済成長のけん引役を担ってきた。一方、世界の電子産業が減速すれば大きな影響を受けてしまうというジレンマを、台湾経済は抱えることになった。

 昨年の台湾電子産業の輸出数量、金額はともに前年比5%前後のマイナスだった。台湾の民間シンクタンク大手、台湾経済研究院の孫明徳博士は、台湾企業の代表格、鴻海精密工業が受託製造を手掛ける米・アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の不振が「苦戦の背景にある」と説明した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

国際交流に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング