1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 鎌倉野菜で新スイーツ、ホテルニューグランド/横浜

鎌倉野菜で新スイーツ、ホテルニューグランド/横浜

経済 | 神奈川新聞 | 2013年10月22日(火) 00:20

ホテルニューグランド(横浜市中区)は21日、鎌倉野菜の一つ「オレンジズッキーニ」を使った新しいスイーツを発表した。市場流通していないウリ科の野菜で、鮮やかなオレンジの色と、ほのかな甘みや香りが特徴。11月の1カ月間、シャーベットとプリンにして販売する。同ホテルは生産者とタッグを組み、新たな看板商品にしたい考えだ。

オレンジズッキーニの正式名称は「クルジェット・ニソワーズ」。南仏を中心に欧州の地中海地方で食されている。夕張メロンのような色や香りが楽しめ、カリウム、ビタミンCなどが多く含まれる。

同ホテルが扱うのは、鎌倉野菜の生産者・加藤宏一さんが作ったもの。10~12月が収穫期という。青果物加工販売のマルアキフーズ(横浜市保土ケ谷区)から紹介され、1年前から試作を続けてきた。

「アレルギーの人にも味わってもらおうと卵、乳製品を使わず仕上げた。野菜本来の味を楽しんでほしい」とメニュー開発を手掛けたシェフパティシエの松尾健次さん。今後の展開として、宇佐神茂総料理長は、冷凍保存したペースト状のオレンジズッキーニを使うことで、「年間を通じて宴会や婚礼などの料理でも提供したい」と話している。

持ち帰り用のプリン525円。カフェではプリンアラモード977円、季節のフルーツを添えたシャーベット840円で提供する。

【】

青果に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング