1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. プレス工業、タイなどで部品生産へ/神奈川

プレス工業、タイなどで部品生産へ/神奈川

経済 | 神奈川新聞 | 2013年6月10日(月) 22:23

トラック用など自動車部品大手のプレス工業(川崎市川崎区)は、海外での事業展開を強化する。これまで国内の工場で担ってきた大、中型のトラック部品の生産をインドネシアやタイの工場で初めて行う。日系自動車メーカーも新興国を中心とした海外シフトを打ち出していることを見据えた戦略で、部品生産を現地で行うことでコスト抑制を図り、競争力強化に結び付けたい考えだ。

同社によると、インドネシア工場では、いすゞ自動車からフレームの一部分「サイドメンバー」の生産を受注。インドネシア向けは中型トラック用、タイ向けは中、小型トラック用を扱う。いずれも2014年から生産を段階的に開始していき、年間で合計約3万4千本の生産を予定している。

タイ工場では、海外の自動車メーカーから、タイヤを駆動させる部品のアクスルケースの生産を受注。まず今年8月から国内工場でプレスや溶接などの加工を行った後にタイに出荷。14年1月からはすべての工程をタイで行う。タイのほか、周辺の新興国向けに需要が伸びるとみて、16年ごろには約1万8500軸の生産を見込んでいる。

一方、アメリカ工場では、1トンピックアップトラック向けの車軸の主要部品の生産も拡大する。米系自動車メーカーから受注。14年6月ごろから生産を開始して、年間約30万個の生産を予定している。

【】

プレス工業に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング