1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 業績への「効果もう少し先?」県内流通小売業がアベノミクスに期待感/神奈川

業績への「効果もう少し先?」県内流通小売業がアベノミクスに期待感/神奈川

経済 | 神奈川新聞 | 2013年5月21日(火) 00:25

「アベノミクス効果」を実感するのは、もう少し先? 今月開かれた決算会見の場で、県内の流通・小売業の経営幹部らの多くが安倍政権の経済政策に期待感を示した。ただ、効果として感じるまでには至っていないようで、今後の景気動向を注視している。

「景気が良くなれば本を買う人が増える。そうすれば、本を売る人が増えて(店頭の)品ぞろえが充実し、また本を買いに来る。われわれにとっては良い循環だ」。中古書などを扱うブックオフコーポレーションの松下展千社長は、今後の景気回復に大きな期待を寄せた。

政権交代以降の経済政策を、企業側はおおむね歓迎。「昨年末以降、円安や株高が続き、消費マインドは改善されつつある」(AOKIホールディングスの田村春生副社長)との認識を持つ。

ただ、それが実際の業績に直結しているかというと、そうとも限らない様子。

居酒屋などを展開するコロワイドの野尻公平社長は「高単価の業態の店舗では数字に出てきているが、4月の既存店売上高は前年を下回った。(アベノミクスの)効果はまだ出ていない」と打ち明けた。紳士服のコナカの沼田孝専務のように「景気が上向いても、お父さんの着る物にお金が回るのは最後」と苦笑いする企業も。

気になるのは今後の見通しだ。景気回復への期待感が高まる一方で、先行き不透明感は拭えないが、野尻社長は「今期(2014年3月期)は前期と比べマイナスになることは絶対にない。設備投資についても、前向きに考えていきたい」と力を込めた。

【】

コロワイドに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング