1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 市内IT企業が就職支援のキャリア塾、5月にセミナーも/横須賀

市内IT企業が就職支援のキャリア塾、5月にセミナーも/横須賀

経済 | 神奈川新聞 | 2013年4月19日(金) 11:48

「人と人をつなぎ、地域貢献したい」と話す千葉理恵子さん=横須賀市追浜本町の「ティー・エム・シー」
「人と人をつなぎ、地域貢献したい」と話す千葉理恵子さん=横須賀市追浜本町の「ティー・エム・シー」

ソフトウエア開発事業などを手掛けているIT企業「ティー・エム・シー」(横須賀市追浜本町)が、就職や転職の希望者を対象にした「キャリア塾」を今月から開校した。参加者が納得する仕事に出合い、キャリアアップにつなげるため、地域に学びの場をつくって支援していく。

発起人は同社の専務取締役の千葉理恵子さん(51)。就職希望者へ相談や支援を行う専門職(国家資格)の2級キャリア・コンサルティング技能士でもあり、ビジネスマナーなどを教える講師として全国各地を飛び回っている。

仕事を通じた体験が開校のきっかけだった。「10年ほど前から(社会人が)あいさつができなくなってきた」。ある会社の訪問時、来客に見向きもせずパソコンにかじりついたままの社員がいた。大学の講師を務めた際には、進学理由を明確に答えられた学生はごくわずか。生身で触れ合う人間関係の希薄さと目的意識の低さに危機感が募った。

塾は、いわゆる就職紹介業とは一線を画す。目玉は5月以降に開く少人数制のワークショップだ。ITや金融、建築などさまざまな業種で働いた定年退職者らを招き、進路に悩む参加者へアドバイスや経験談を伝える。このほか、コミュニケーション力を身に付ける傾聴技法セミナーや、キャリア支援の専門家「キャリア・デベロップメント・アドバイザー」(CDA)の養成講座、市内中学校では職場体験の授業を行い、ビジネスマンの心得を説く。

地元出身の千葉さんは「三浦半島の若者がどんどん都会に流出している。でも、近くにもいいところはある」と力説。「人との出会いが、人を育てる。その懸け橋になりたい」と意気込んでいる。

参加無料の傾聴技法セミナーは5月20、30日に実施。申し込み、問い合わせは同社電話046(869)1551。

【】

進路に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング